格安航空券は早割を利用する

- 格安航空券は早割を利用する

格安航空券は早割を利用する

旅行に行く時には、ホテルや食事は贅沢にしたいけれど、交通費はなるべく安く抑えたいと思う人は多いはずです。
ではどうすれば、格安航空券を購入する事ができるのでしょうか?


購入時期を早くする

まず1番簡単な方法は、早い時期に航空券を予約する事です。
格安航空会社(LCC)では、早割という仕組みがあります。そのため早く買えば買うほど、料金はお得になるのです。
特に国内線ではこの傾向が強く、28日前に購入する場合と、ギリギリに購入する場合とでは料金が全然違ってきます。
またお盆や年末年始などの、繁忙期では、28日前ではすでに格安航空券は売り切れてしまい、
2ヶ月前に購入しないと早割は手に入らないケースも珍しくありません。

なので、旅行の予定は計画的に、早めに準備をする事で、かなりお得に航空券を購入できるという事を覚えておいてください。
格安航空会社(LCC)のサイトから、空席状況を確認する事が可能なので、空席状況の日程に合わせて旅行の日程を決めてもいいかもしれませんね。

ANAとJALの早割について

航空会社と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、ANAやJALだという人も多いでしょう。
ではANAやJALも早割プランは用意されているのか?というと当然用意されています。
それぞれ名称やサービス内容が異なるので、紹介していきます。
まず、ANAの場合は、早割プラントしては「旅割」と「特割」と呼ばれるプランが用意されています。
「旅割」は28日までに買うと受けられる割引の事で、最大でなんと86%割引されるケースもあります。
「特割」は搭乗日の3日前までに予約する事でお得になるプランです。
前もって予定が立てられる場合は旅割の方がお得ですが、急な出張や旅行の場合は特割を利用するといいでしょう。

JALもANA同様に、28日前に購入すると早割になるプランが「先得」プラントなります。
ANAの特割に該当する、急な出張や旅行の際には「特便割引」を利用するといいでしょう。

早割は最近は75日前とか55日前というプランも用意されていますが、なかなかそんな先の予定を立てる事は難しいですし、何より割引料金が28日前とさほど違いがありません。
なので、早割は28日前をメインとして考えるといいでしょう。