航空券の種類について

- 航空券の種類について

航空券の種類について

少しでも安く旅行を楽しみたいと思っている人は多いでしょう。
しかしそもそも、航空券には、どのような種類があるのか知っていますか?
格安航空会社(LCC)のサイトから直接購入するのが、1番安いとは必ずしもいえません。
状況に応じて、安く購入できる方法が異なってくるので、まずは航空券にどのような種類があるのか知っておきましょう。

航空券の種類について

まず航空券の種類は大きく分類すると、「ノーマル航空券」「正規割引航空券(PEX)」「格安航空券」の3種類あります。
ノーマル航空券とは、大手航空会社の割引が一切されていない定価の航空券の事です。
当然ながら高いので、少しでも安く航空券を購入したい人にとっては興味がない航空券だと言えるでしょう。

正規割引航空券とは、各航空会社が行っている割引を利用して安くなった航空券の事です。
特に早い時期に予約する事で安く購入できる早割が有名ですが、他にも当割やシルバー割などのプランも用意されています。

格安航空券は格安航空会社(LCC)のサイトから購入する航空券と、旅行会社から購入する航空券があります。
なぜ旅行会社で販売している航空券が安いのか?というと、ツアー用にまとめて仕入れた航空券をバラで売るため安くなっています。ただし、旅行会社でバラで売られている航空券よりも、ホテルと航空券がセットになった商品の方がさらにお得なケースもあります。旅行でホテルに宿泊する予定であれば、検討してみるといいかもしれませんね。


FIXチケットとOPENチケット

航空券を購入する際にFIXチケットとOPENチケットのどっちかと聞かれ慌てた事はないですか?
この違いは、往復チケットを購入する際に、FIXチケットは帰国日時が決まっている航空券の事です。
対してOPENチケットは、帰国日に有効期限が設けられていて、帰国日の日時が変更可能になっている航空券の事です。
もちろん自由度の高いOPENチケットの方が価格が高くなります。

また往復チケットと片道チケットでは、従来は往復チケットを購入する方がお得な料金設定となっていました。
しかし最近は片道チケットでもお得な料金設定の航空券も増えてきているので、片道チケットを購入する場合も安い航空券を探してみて下さい。